葬儀

見送りの儀式

死というのは、自分にとっても、家族などの親しい人にとっても、悲しいことです。
ただ、これをただ悲しいもののままにしておかないための儀式というのが存在しています。
それが「葬式」というものです。

葬式は誰のために行うものなのか、ということについては様々な考え方があるでしょう。
「亡くなった人のために行う」、というのももちろん正解です。
同時に「大切な人を亡くした人のために行う」というのもやはり正解でしょう。
この2つのことを照らし合わせながら「葬式」の形を考える必要があります。

それでは、具体的に「葬式」にはどのような形があるのかを紹介します。
まずは、故人に関わりがある人を呼び、大きく行う葬式についてです。
一般葬、という名前で呼ばれることがあることからもわかるように、現代においてはこの方法が葬式としては最も一般的な方法です。
関係のあった人達と共に故人を見送り、故人のいない世界を受け容れる儀式をするわけです。

また、都合によって簡略に葬儀を済ませるということも。
通常なら通夜と葬式とで2日掛けて行われるものですが、これを短縮して1日で終わらせる1日葬というものがあります。
さらに、葬式は行わず、火葬だけを行う直葬、という考え方もあります。
簡略であれば故人に対する愛がないのか、というと必ずしもそうではありません、これについても、生きている間に話しておくことが重要でしょう。

この他にも、様々な特殊な葬式があります。
故人の好きだった音楽を流して送る「音楽葬」や、形式にとらわれずに行う「自由葬」などです。
これらも、もちろん故人と生きている間に相談して決めておかなければなりません。

家族葬を考える

さて、そんな多くある葬儀のなかで、落ち着いて行うことができる、家族との絆を再確認することが出来る、ということで注目を集めているのが「家族葬」です。
では、家族葬が向いている人としてはどのような人があげられるでしょうか。
まずは、親戚や人付き合いが狭く、呼ぶ人があまり多くない場合です。

このような場合、一般葬にすると人の集まりが悪くなってしまい、あまり良い式とならない可能性があります。
そのことを考えると、家族だけで手厚く葬る方が理にかなっています。

また、葬儀の忙しさでゆっくりと見送れないことを防ぐ、という意味合いも。
さらに、亡くなった人とのことを、身近な人だけで語り合うことが出来るのも家族葬の魅力の1つです。
家族葬は色々な場所で行えるようになっており、インターネットで情報を公開していることも多くあります。
こちらのサイトもその1つで、家族葬についての詳しい情報が紹介されています。
>>http://www.koekisha.co.jp/family/

ただ、この家族葬については気をつけなければならない点もいくつかあります。
まず1つとして「故人の社会的繋がり」を考慮しなければならないことです。
社会的繋がりが広い故人を家族葬にすると、生前世話になっていた、という人が葬儀のあとになって訪れることがよくあります。
こうなると、結局一般葬を行った時よりも忙しくなってしまう可能性もあります。

また、家族も知らない故人の生前の姿を知る機会を1つ失ってしまうことにもなりかねません。
葬儀はその人のことを自分とはまた違った視点から知っている人が集まる場所です。
そこで聞ける話が、故人のことをより偲ぶためのものになるかもしれません。
家族葬を行う場合、この2つについてはよく考えておくようにしましょう。