終末リハビリテーションとは リハビリテーションは骨折した人や手術をした人が元の状態に戻るために行うものだというイメージが強いです。 しかし、そういったものだけでなく今の症状を悪化させないためにできるだけ現状維持をするため…


自宅で亡くなるということが少なくなっている現代 1950年代、80%以上の方がご自宅で最期を迎えられていましたが、現代は、自宅でお亡くなりになるという方は10%という数字です。 多くの方が最後は自宅で終わりたいという願い…


最近よく聞くターミナルケアと緩和ケア 最近、テレビなどでもよく耳にすることが多くなっているターミナルケアと緩和ケアという言葉、いずれも終末期医療に関係することになりますが、この違いを理解されている人は少ないと思います。 …


患者さんの意思を尊重する医療体制とはどういう体制になるのか 死が近くなってきたとき、医療でどのような治療も出来ないという状態になった時、患者さんの意思が尊重され、人生の最終段階となった大切な時間をどのように過ごし、どのよ…


遺品整理、形見分けについて理解しておくことも重要 大切な方がお亡くなりになり、葬儀などが終了し、落ち着いてから行われるのが遺品整理、形見分けです。 遺族は故人を弔うために、お亡くなりになってからそう時間もたたないままに葬…


老人ホームを理解しておくことも重要な事 自分が最終的にどのような場所で最期を迎えることになるのか、その施設などについてもしっかり考えておくことが必要です。 例えばお子さんがいても遠方で、老後一緒に暮らすということが考えら…


終活で不用品を整理するということも大切 自分が持っている骨董品や収集着てきた趣味の品など、家族にとっては不要となるものも多いです。 自分が亡くなってからその価値を知らずに、勝手に捨ててしまうという家族も多いので、コレクシ…

エンディングノートとはどういうものなのか? 終活という言葉をよく聞くようになりましたし、最近はエンディングノートを書いている、また書いたという話を聞くことも多くなっています。 このエンディングノートというのは、自分の終末…