イギリスの見習うべき終末期医療の取り組み 日本ではずっと病院というのは治療をする場所であり病気は治すものという考えが強かったです。 最近になって終末医療の中で緩和ケアがみられるようになっていますし在宅医療という選択ができ…


カナダではどういった終末ケアが行われているのか 日本ではまだまだなじみのない終末ケアや緩和ケアですが、外国では積極的に取り入れられておりかなり進化しているところも多いです。 そういった国の一つにカナダがあります。 カナダ…


ドイツの在宅ケアの広がり 日本ではまだまだ緩和ケアが始まって間もないですが、ドイツでは1997年から法制化をして医療保険制度にも組み込まれるようになっています。 ホスピスだけが今までは終末ケアとしてありましたが、今はどん…


新しい医療ケア 今までは病気になったら治すことが当たり前でした。 病院で治療をすることが大切であり、余生をどう生きるかを考えることはあまりないです。 そのため病院で亡くなるということは今までは普通のことでした。 しかし、…


せん妄とは せん妄(せんもう)というのはがん患者に多く見られる症状の一つです。 意識障害が起こって混乱した状態になることを示します。 高齢者にもよく見られるものの一つであり、病院に入院中に経験をする人も多いです。 せん妄…


病気の患者とその家族へのケア 病気になった人は治療で体につらい思いをするだけでなく精神的な部分でもたくさんの負担を抱えています。 その中でも家族に対しての負担は大きいです。 自分が病気になったことで治療費が必要になったこ…


小児がんの特徴 小児の死のパターンとしては急死をしたり先天性の病気で亡くなったりすること以外にも小児がんのように改善と悪化を繰り返しながら亡くなっていくものもあります。 病気を発症している場合にはターミナルケアが行われる…


症状マネジメントとは 症状マネジメントとは、新しい看護活動モデルの一つとして開発がされています。 多くの人は病院に行く際には何かの自覚症状があって通院をします。 そして、その際に病気が発覚すると治療が必要です。 ただ、症…


全人的苦痛とは 患者さんの苦痛はいろいろなものがあります。 その中でもがん患者を中心として行われる緩和ケアの中で対象としているものが全人的苦痛です。 全人的苦痛というのは体の傷みだけでなく、精神的な苦痛や経済的なものや仕…


QOLとはどのようなものか 最近ではQOLの大切さが語られることが多いです。 QOLというのはQuality of life(クオリティ オブ ライフ)のことであり、生活の質や生命の質を意味しています。 これは患者にとっ…