全人的苦痛とは

患者さんの苦痛はいろいろなものがあります。
その中でもがん患者を中心として行われる緩和ケアの中で対象としているものが全人的苦痛です。

全人的苦痛というのは体の傷みだけでなく、精神的な苦痛や経済的なものや仕事の問題などの社会的苦痛、それ以外にもあるすべての苦痛を意味しています。
病気になると今までと同じように生活できないことも多いです。
そして今までは何ともなかったものでもつらいことが出てくることもあります。

人生の意味が分からなくなってしまったり、かぞくにめいわくをかけているという罪悪感を感じたり、自分がなぜ病気になったのかといういらだちを感じたり、治療費がかかることでの不安を感じたりと今まで感じたことのないような感情がどんどんとわいてくるものです。
そういったものをすべてまとめて全人的苦痛といいます。

全人的苦痛と緩和ケア

緩和ケアというのは命の危険があるような病気に直面をしている患者とその家族に対して全人的苦痛を早期に発見して改善、アセスメントをしてできるだけ生活の質を高めることを目指しています。
世界保健機関が2002年に発表し、緩和ケアは世界的に行われるようになっているものです。

病気の治療と違い、緩和ケアでは目に見えての治療が難しいものですし、人によって状態が違うために難しい部分も多くあります。
そしてまだまだ新しい取り組みであるために確立できていない部分も多いです。

そこで、医療機関や緩和ケアセンターは新たな緩和ケアの治療方法を確立するためにまだまだいろいろな取り組みをしているところですし人材も不足しています。
しかし、これからの社会で必要不可欠なものとしてニーズも高いものです。

全人的苦痛を緩和するためにできること

全人的苦痛を感じている人は身体的にも痛みを感じているものです。
病気をしていますから調子が悪い部分もありますし、幹部に痛みを感じているということも多いです。

ただ、そういったものの治療をするためには強い薬の投与が必要であったり危険な手術を行うことが必要なことがほとんどです。
そういったものを行うと副作用が出たり命の危険があったりします。
そこで、緩和ケアを行って痛みを軽減したり少しでも楽に生活ができる方法を考えていくのです。

そして、全人的苦痛を感じている人は体の傷みだけでなく心の傷みや社会的立場でのつらい思いなどたくさんの負担を抱えています。
家族も含めたくさんの傷みを抱えて言いますから少しでも軽減できるよう、カウンセリングを行ったり、社会的な負担を軽減する措置をとったり、同じような経験をしている人たちと交流をしたりと多方面からアプローチをして改善を目指していくのです。