ドイツの在宅ケアの広がり

日本ではまだまだ緩和ケアが始まって間もないですが、ドイツでは1997年から法制化をして医療保険制度にも組み込まれるようになっています。
ホスピスだけが今までは終末ケアとしてありましたが、今はどんどんといろいろな形の在宅ケアが広がって言う状況です。

ドイツでは積極的に緩和ケアを取り入れています。
在宅でのホスピスや緩和ケアの事業サービスを確立するための基盤づくりが進んでいる状況です。
意思が在宅での終末期ケアができるよう研修も進んでいます。

緩和ケアへの考え方

緩和ケアは死ぬための医療というものとは違います。
緩和ケアをすることは最期を少しでも豊かなものにするためのものです。
ドイツでは医師や看護師は緩和ケアを行うことは少しでもっ人生が豊かなものになるための医療をしている、後悔をなくすための医療をしているという自負を持っています。

まだまだ日本では緩和ケアに対して治る見込みがない人、もう手の施しようがない人といったネガティブな目線を持っている人も多いです。
しかし、ドイツでは看護職の人たちも医師も緩和ケアに携わっている人たちは専門性が高いですし常に24時間制で患者の対応に当たっています。

また、ドイツでは医師や看護師だけでなくボランティアも多く活動しているのが特徴です。
まだまだ日本ではなじみがないですし実践している医療機化も少ないですが、その点ドイツではボランティアも参加して大規模でケアが進んでいます。

まだまだ受け入れ環境が整っていない日本との違い

い本ではまだまだ緩和ケアについての知識やノウハウが出来上がっていない状況です。
第一線で活躍している人たちもいますがドイツに比べると圧倒的に数も少ないですし対応している医療機関も少ない状況になっています。

日本では病院で亡くなることが当たり前ですが、ドイツでは病院だけでなく自宅で亡くなる選択をしている人も多くいますし在宅での最期を迎えたいという気持ちを持っている人も多くいます。
まだまだ日本はドイツと違って患者も医療従事者も緩和ケアという選択肢が身近なものになっていないのです。

もちろん、ドイツも初めから緩和ケアが多くの人たちに受け入れられてきたものではないですし認知されるまでには時間がかかっています。
しかし、きちんと医療制度を整えて基盤ができているからこそ今では多くの人が選択するものになっているのです。

そこで、日本もできるだけ法整備や環境整備のできている外国に倣ってできるだけ選択肢として選ばれる環境が出来上がるように取り組みを進めていくことが求められています。
もちろん積極的な取り入れをするためにドイツのような先進国に勉強に行っている人も増えています。