終末リハビリテーションとは

リハビリテーションは骨折した人や手術をした人が元の状態に戻るために行うものだというイメージが強いです。
しかし、そういったものだけでなく今の症状を悪化させないためにできるだけ現状維持をするために行うものもあります。

特にシニアや終末期の人たちのリハビリはこういった意味合いが強いです。
そういった状態での位はビリについてはかなり内容が難しいものであり、症状を緩和することは難しいように思っている人もいます。
また、リハビリを行う必要があるのか、回復の見込みがあるのか、といったことを考える人も多くネガティブなイメージを持っている人も多いです。

終末期リハビリテーションとは

終末期のリハビリテーションというのは疾病やケアが、恒例といったもので自立した生活をすることが難しくなっている人が現状の改善も難しい状態になった中でも、できるだけその人らしい生活を送れるように行っていくものです。
多くの場合には終末期の人たちは排泄や食事、入浴といった日常の動作でもできないことが増えていきます。

そうした中でもできるだけ自立して生活ができるよう、生活の質を高めるためのリハビリをするのが主な目的です。
そのため状態を改善するために、より良い状態になるためのリハビリというよりはできるだけ今の生活の質を下げないために行うものであるという意味合いがあります。

リハビリの中でも終末期の人たちへのリハビリは回復の見込みがとても低いです。
そのためリハビリの必要があるのかと感じる人もいます。
ただ、その人ができるだけ人間らしく生活するためには痛みを緩和したり、自立した生活をすることが必要です。

そこで、できるだけ今までの生活に近い状態を過ごすために可能な限り体を動かして完全な寝たきりにしない、自分でできることを減らさないということが終末期のリハビリにおいては大切になってきます。
そして、そういった取り組みをすることで最後まで自分でできることを頑張ろうという気持ちが持てて自分らしい生活ができるのです。

無理をしすぎず日序生活の一環として行う

リハビリというとリハビリ室に通って汗を流しながら行うようなものをイメージする人が多いです。
しかし、終末期のリハビリはそういったものではなくできるだけ普段の生活の一環で行うようにします。

そして、福祉用具の選定が大切です。
普段の生活をしながらリハビリになるものがとても多いので、無理なく普段の生活をサポートできる福祉器具がリハビリを助けるアイテムとなります。
根本的な治癒が難しいものも多いので、福祉用具は日常生活の一部になるものも多いので使いやすく負担の少ないものを選ぶことが大切です。