老人ホームを理解しておくことも重要な事

自分が最終的にどのような場所で最期を迎えることになるのか、その施設などについてもしっかり考えておくことが必要です。
例えばお子さんがいても遠方で、老後一緒に暮らすということが考えられない方は、老人ホームなどへの入所を考えると思いますが、その場合でも、老人ホームというのは沢山の種類がありますので、その中から自分がどこに入所すべきなのか考える必要があります。

老人ホームというのは、高齢者向けの施設で様々な施設の総称的なイメージなので、有料老人ホームもシニア向けマンションもひとくくりに表現されていることが多いです。
今の暮らしと全く変わることない暮らしができるという施設もありますし、寝たきりでも利用できる施設、また格安で入る事が出来る施設など、料金の違いやサービスの違いもあります。

これから老後を迎えるということについて、終活、ということを考えると、最後の時間を有意義に過ごすために、どのような施設に入るべきなのかを考えることも大切です。

老人ホームの種類による違い

介護付き有料老人ホームは通常60歳以上で入る事が出来ますが、施設によって条件の違いがありますので、確認した方がいいです。
介護サービスを受けることができ、環境や設備なども充実しています。
自宅を整理されて、こうした介護付有料老人ホームに早めに入所されるという方も多くなっています。

住宅型有料老人ホームは食事などのサービスがついている居住施設です。
介護サービスはないので、要介護となった場合に、外部の介護サービス事業者と契約することが必要です。

サービス付高齢者向け住宅は、バリアフリーとなっていて、見守りサービスなどが受けられる賃貸住宅となっています。
要介護になった場合、外部の介護サービスとの契約が必要になります。
また見守りサービスの内容についても、施設によって違いがありますので注意が必要です。

高齢者向け住宅は高齢者向けの住宅となりますが、有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅ではないもの以外をさします。
この場合、法律による基準がなく、条件やサービスについても規定がないので、施設によってサービスなども大きく異なります。

時に亜向け分譲マンションは、高齢者向けのバリアフリー分譲マンションで、多くが建物内にレストランやスポーツジムなど、高齢になってから生活しやすいサービスが多数ある施設となっています。
ただ分譲マンションということなので、それなりに高額です。

特別養護老人ホームと老人保健施設の違い

特別養護老人ホームというのは、65歳以上で要介護3以上の方が入る施設です。
老人保健施設は要介護が必要ですが、その他の条件がありません。

特別養護老人ホームは在宅介護が難しい要介護度の高い方が入居する公的な福祉施設で、月額料金も低額で全介護を受けることができます。
但し料金が低いということもあり非常に人気が高く、入居するまでにかなりの時間がかかるといわれています。

老人保健施設で入院治療は不要、でも自宅介護は困難という高齢者が日常生活に復帰することを目的に利用できる施設です。
日常生活を円滑に営むことができるように介護サービス、医療サービス、さらにリハビリなども行います。

費用が高い、低い、サービスがある、なし、また医療が必要になった場合、別の施設に行くことが必要となる等、老人ホームと一口にいってもかなりの違いがあります。
どのような施設なのか、しっかり確認する必要がありますし、ご家族などとよく相談されてから検討すべきでしょう。