スペインで大反響を呼んだ最高アニメ「しわ」

スペインで公開され大反響を呼び、スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞の最優秀アニメーション賞、そして最優秀脚本賞を受賞したアニメーション映画「しわ」は、スペインで活躍する漫画家パコ・ロカが描いた「皺」のアニメーション映画です。

スペイン人の実力派と呼ばれる若いアニメーターが描き、日本アニメから多くの事を学んだという監督が作った長編アニメです。
このアニメは高齢化時代を迎えた日本において、社会問題ともなっている認知症について言及したアニメです。
老い、認知症とどんなふうに向き合っていけばいいのか、もしも家族が、友人が認知症になったらどんなふうに対応すべきなのか、深く深く考えさせてくれる作品です。

しわのストーリー

銀行に勤めていた真面目なエミリオに認知症の症状が出始めます。
認知症の症状が次第に重くなり、養護老人施設に預けられますが、同室となったミゲルはお金にうるさく、辟易とされる人物でした。
そのほか、面会に訪れる孫のために紅茶やバターを蓄えているアントニアという女性や、アルツハイマーにかかった夫・モデストを世話する妻のドローレスなどが登場します。

施設内では認知症の高齢者が様々な行動をし、これまでたくさんの思い出を持っている高齢な方々が日々、それぞれの暮らしを送ります。
認知症の症状が重くなれば2階の部屋に移るんだなということもわかってきます。

エミリオはモデストと薬を間違えられたという事から、自分がアルツハイマーであることに気が付き、ショックで症状が進行します。
そして結局醜状患者が送られる2階へ・・・そんなエミリオを気遣いミゲルはある行動に出ます。

認知症の症状がよくわかる、その苦しみも理解できるアニメ

若い人は認知症になる怖さがわかりません。
介護する方にとってみれば、症状が進むことが怖い事であって、認知症の患者さんの心の中を読み取ることはできません。
その心が一番よくわかっているのが、同じ認知症患者である、同じ養護老人施設に暮らす仲間たちなのです。

私達は家族や友人が認知症となった時どう対応すべきなのか、こういう事は家族、友人だからこそ考えたくないこととして封印しがちです。
でも本当に必要な事は、認知症をよく理解し、その方々の心に沿うように介護する事なのではないでしょうか。

このアニメーション映画を通じて、認知症という社会問題への理解、また認知症に苦しむ人たちの姿が浮き彫りにされています。
心と心をやがて通わせるようになる患者同士の繋がりに心打たれる場面もあり、認知症について深く考えさせられるアニメーション映画です。
見やすく老人の表情を的確に描く描写力にも注目の作品です。