魅力ある映画の一つ、病気について考えさせてくれて楽しい映画

病気物の映画というのはどうしても暗くなりがちですし、ドキュメンタリー的な要素を含めているものが多いのですが、この50/50 フィフティ・フィフティに関しては、病気の映画なんだけれども、全体的に楽しく見ることができる映画という要素を含んでいます。
難病物の映画となると涙を誘う場面が多く、最終的に見終わった時、この映画の様にコメディ色がかなり強くなっているという点が本当に特徴的です。
難病の映画で病気の苦しさや辛さ、闘病して知り合いになった人の死など、号泣するシーンがあっても、なぜかコメディタッチで楽しく見ることができるという物語、この映画、みておくべき映画の一つといえる映画です。

50/50 フィフティ・フィフティのあらすじ、ちょっと紹介

お酒もたばこもやらない、という健康的な日常生活を送ってきたというのに、主人公のアダムは27歳という若さでがんを患ってしまい、生存率が50%だと宣告されます。
同僚も恋人も、この病気のことを知ると、勿論今までのようにいかなくなり、アダムはよそよそしくなっていく同僚や恋人に悲しい思いを抱きつつ生活しています。

しかし悪友だったカイルはがんをネタにしてドンドン連れだし、全くいつもと変わらない生活を送ってくれるのです。
このカイルの影響もあり、アダムはがんなど笑い飛ばしてやるという気持になりますが、病気は癌です。

段々と健康的な生活が贈れなくなっていく、進む病状に平穏を装う事が出来なくなっていきます。
恋人に浮気されでもカイルという悪友に心を救ってもらいながら、最終的に難易度の高いというがんの手術に成功しセラピストと付き合うのか?という所で映画が終わります。

治療の中で仲良くなった老人が亡くなるなどの、難病映画ならではのショックな出来事も、悲しくなる出来事も多々あります。
恋人がよそよそしくなり浮気されるという精神的な負担を負いながらも、カイルに助けられ、自分の勇気を奮い立たせ、ユーモアもありつつ映画が進行していきます。

楽しく見る事の出来る難病映画、不思議な感覚です

現実に難病で亡くなられている方も大勢いる世の中で有る事は映画を見る人も理解しています。
しかし実際に自分が難病となってから、こんな風に生きていけるのかな?いや、こういう気持ちを持ちながら難病と対峙していけるものなのかもしれないと妙に現実味を持ってみることできる映画でもあります。

全体的に楽しく見る事のができるというのがこの映画の大きな特徴です。
カイルを演じているセス・ローゲンは病気になったアダムに今までと変わることなく接するという本当の友情を見せてくれていますし、また難病に立ち向かう過酷な精神状態をアダム演じるジョセフ・ゴードン=レビッとが好演しています。