最近よく聞くターミナルケアと緩和ケア

最近、テレビなどでもよく耳にすることが多くなっているターミナルケアと緩和ケアという言葉、いずれも終末期医療に関係することになりますが、この違いを理解されている人は少ないと思います。
ターミナルケアと緩和ケアというのは非常によく似ている部分もありますが、役割という部分を考えると少々の違いが見えてきます。

高齢化社会になってこの先、ターミナルケアや緩和ケアというのは、ご家族の問題ともなっていくことになりますので、しっかりこの違いやケアの事等について理解しておくべきでしょう。

ターミナルケアイコール終末期ケアの事です

ターミナルというのは終末期をさし、末期がんなどでこの先完治を目的とした治療などが出来ず、余命がわずかとなってしまった患者さんへ、ケアするということをターミナルケアといいます。
終末期医療、終末期看護とも呼ばれるターミナルケアは、がんなどの病気のほか、認知症や寝たきりなどの高齢者の方々に延命を行うことなく、残された時間の中で、苦痛や症状などをやわらげ、その人らしい人生をまっとうできるようにと治療、介護することも含まれます。
末期がんの場合、患者さん本人やご家族が延命措置を行わないと決めて、症状、痛みの緩和などの治療、身体的、精神的な看護ケアをしてほしいと決定した時に、ターミナル時期となります。

認知症の患者さんなどの場合は、認識が難しい頃もあるので、この場合、介助を行っても食事がとれなくなる時、それがターミナル時期と判断されています。
延命しないということになれば、胃瘻などの措置も行わず、人工的な栄養補給もしないことになります。

緩和ケアというのはどういうことなのか

緩和ケアは、ターミナルケアの中で行われる治療のひとつとされるもので、主にがんの痛みを和らげるということを目的とした治療として、この言葉が利用されています。

ターミナルケアとの違いというと、緩和ケアの場合、治療も同時に行われるということです。
延命を止めるということではなく、例えばがんの初期、その時に発生した痛みをとるという場合も、緩和ケアという言葉が利用されます。

終末期にすいても苦痛を取り除く治療がありますので、その場合、緩和ケアを行うということになりますので、ターミナルケアの一環としても考えることができるのです。

抗がん剤などの副作用を緩和させる治療を行う、また日常生活を快適に過ごすことができるようにケアするなど、その治療や方法は様々です。
また、睡眠や食事、排せつなどの日常生活が円滑にできるよう、問題を緩和させていくことも、緩和ケアの一環とされています。

患者さん本人だけではなく、患者さんをサポートしているご家族に向けて精神的なケアを行うことも、緩和ケアとして行われている事です。