幸せな最期を迎えるために

終活を考える

菊の花
最近、○活、という言葉がよく聞かれるようになりました。
就職活動を意味する就活、そして結婚活動を意味する婚活などが特によく聞く言葉です。
それらと同じくよく聞くようになった言葉として「終活」というものがあります。
終活というのは「終わりに向けた活動」という意味で、つまり「自分の死」について考えることが重要だ、ということを言っているものです。

人間に限らず、命あるものは生まれた瞬間から死ぬことが決まっています。
死というのはネガティブなイメージで語られる事が多いものですが、果たして本当にネガティブなだけの存在なのでしょうか。
ある意味で人間の命というのは、失われることによって完成されると言っても過言ではありません。
そのことを考えると「幸せに死ぬ」ことが、人生における最後の目標であると言っても良いでしょう。

では、「幸せな死」とはなんでしょうか。
自分が失われることになる死が、どうすれば幸せになるのか、皆目見当がつかないという人も多いでしょう。
幸せな死の条件は人によって様々ですが、共通して重要であるのは「悔いを残さない」ことです。

「生きている間にやり残したことがある」と思いながら死ぬことがないように、準備を進めていくようにしましょう。
死はいつ訪れるか分かりません、ある程度以上の年齢になったら、常にその日のことを考え準備しておくことが重要です。
そこで当サイト「しあわせターミナル」では、そんな幸せな終わりを迎えることが出来るように、考えるべきことは何かを紹介します。